松村とトゲナナフシ

他の生活習慣と比べても、喫煙がイン

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復がその後の治療に関わる重要な問題です。
周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質がかなりマイナスに作用します。快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙あるのみです。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用を払いきれるかどうか心配になる方もずいぶん見受けます。



しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で信販会社が作ったローンを利用できる融通の利く歯科医院が多くなりました。


全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療の開始は実現できるようになりました。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法とされています。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工の歯を作ることだと考えてください。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部を支えとして残すことができれば上から冠のような形のクラウンという義歯をはめられます。その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、歯がグラついて違和感を覚えるなどの事例もあります。



そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。
高い技量を持つ歯科で治療を受けるようにしましょう。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。



この治療の費用は地域や、歯科医によって相当な開きがあります。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的な相場とみて良いでしょう。
インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽とは誰も言っていません。



小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。


自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。


皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるとされています。


すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることによりかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうと思ってください。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前よりも口臭が気になるといった変化が一部で見られます。これはなぜでしょうか。

一つには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症していることも考えられるので、放置はできません。こうした症状に気付いたら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

インプラントという治療法を聞いたこ

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。


旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術を置いて語れません。患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということであり、その分高額になっているのです。

インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯に影響を及ぼしたくないといったケースです。
ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方にはやはりインプラント適用が一番でしょう。どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。


インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。


厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがしかし、医療費控除の対象ではあります。
確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。
医療費控除を受けようとすれば歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて保管しておくことをすすめます。

最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合は差し歯は利用しようがないということです。対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらいしっかりした構造になっています。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。


歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。これは重要な事実です。インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。ですから、インプラント治療全体では最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果は普通にしていれば一生物などと言われますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、義歯の耐用年数自体が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題が起きる可能性もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

どんな歯科治療でも費用は気になります

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。場合によっては、保険診療にもできるようですが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。自費診療として始めるしかないのが負担が大きくなる原因です。
現状では最低線が十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを重々承知しておいてください。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。腫れがおさまると違和感は薄れるため違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。


こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。



手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので維持費がかかることを知っておきましょう。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。


定期検診を受ける費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいと考えてください。標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすれば海外で治療を受けることも考えるべきです。インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。一生使える第二の歯を求めて、決してあきらめてはいけません。
できるだけ幅広く情報収集するのが成就への第一歩です。
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。
実は、かかる費用は地域や、歯科医によってずいぶん違っています。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に決められるのが建前です。大まかな相場はありますので、心配しないでください。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。


インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止に努めている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが後悔しない歯科医選びの決め手となります。
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプに分類することができます。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。

他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由で必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによってかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも思いの外費用は違ってきます。



また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。使用年数は原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、その分、人工歯の寿命も左右されてしまうのです。
Copyright (C) 2014 松村とトゲナナフシ All Rights Reserved.